高発がん性遺伝病患者由来細胞コレクションについて

高発がん性遺伝病患者由来細胞はJCRB細胞バンクから直接分譲します。
Last Update: 2012/7/2

概要

このコレクションは発がんの遺伝的背景の解明に役立てるために、京都大学放射線生物研究センターにおいて1970年代から収集されてきた『日本人における高発がん遺伝病患者とその家系に由来する貴重な細胞』です。このたび京都大学放射線生物研究センターならびに担当教授でありました佐々木正夫先生のご希望により公開することとなり医薬基盤研究所・JCRB細胞バンクに寄託されました これらの細胞について、移管作業とリストの整理が終りました。現在細胞の品質管理作業を開始しておりますが、種類が膨大なため順に作業を進めるのはかえって効率が悪いと判断し、まず細胞リストを公開することにしました。従って、ご興味のある細胞があればJCRB細胞バンクまでご連絡ください。それを優先して作業します。希望者が集中した場合は遅れが出ることが予想されますがあらかじめご了解ください。

細胞一覧

分譲予定細胞一覧  

分譲手数料

  • 非営利団体:30,857円/1アンプル
  • 営利団体:36,000円/1アンプル
 

分譲情報

お申し込み  

問い合わせ

細胞に関するお問い合わせはこちら