IFO50299 Balb/c 3T3 A31-1-13

細胞情報

Important Notice(s)

Balb/c 3T3 A31-1に派生する細胞株の由来の問題について

The problem of origin of Balb/c 3T3 A31-1 derived cell lines.

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   IFO50299 細胞名   Balb/c 3T3 A31-1-13
生物種(日本語)   マウス 組織名(日本語)   胎仔
コメント(日本語)   線維芽細胞, 接触阻害がかかる。 (細胞の由来に問題点があります。細胞詳細画面のImportant Noticeをご参照ください。) プロフィール   fibroblast, subclone of Balb/3T3-A31-1, (Strain problem was found. Refer Important Notice at cell detail page.)
別名   A31-1-1 動物名   mouse
系統名   Swiss 学名・属名   Mus
種名   musclus 性別   
年齢・月齢   embryo 細胞識別情報   
(癌)原発組織名   embryo 病歴情報   
転移の有無(Y/N)    (癌)転移組織名   
遺伝的性質   Origin of this cell line, Balb/c 3T3 A31-1, was found not to be derived from BALB 3T3 A31. 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   fibroblast-like
一般性状   fibroblast. This cell line exhibits contact inhibition. 細胞分類   normal
細胞樹立者名   Kakunaga, T. 細胞寄託者   Tatsuka,M.
分譲時制限    コメント   
入手年   1990 培養培地   Eagle's minimal essential medium with 10% fetal bovine serum
継代方法   trypsin-EDTA 継代時細胞数   
人種    炭酸ガス濃度   5 %
採取組織名   embryo, whole ウィルス検査   
検出ウィルス    組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_L996
Images



LOT Information

細胞番号   IFO50299 細胞名   
培養ロット番号   05122004 培養種別   distribution
培地   Eagle' s minimal essential medium with 10% fetal bovine serum (FBS lot; GIBCO 3762782S) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   2 x 10^4 cells/ml 継代方法   0.25% trypsin and 0.02% EDTA
増殖速度   ca. 15 hrs 凍結時生細胞濃度   1.8 x 10^6
凍結時生細胞率   90.9 使用抗生物質   free
継代数   P3* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   Confirmed as mouse by NP, G6PD, MD, AST.
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性   Yes 導入外部遺伝子   
凍結培地   10% DMSO, 20% FBS - EMEM 炭酸ガス濃度   5%
RFPL所見    解凍後生細胞率   
追加情報   
細胞番号   IFO50299 細胞名   Balb/c 3T3 A31-1-13
培養ロット番号   683 培養種別   seed/distribution
培地   E.MEM, 90% ; FBS, 10% 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   10^5/10cm dish 継代方法   trypsin-EDTA
増殖速度    凍結時生細胞濃度   2 x 10^6
凍結時生細胞率   97 使用抗生物質   free
継代数   Unknown (1 at IFO) PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NP, G6PD, MD, PepB, AST, LD
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性   Yes 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   10% DMSO, 20% serum (final conc.) - culture medium 炭酸ガス濃度   5 %
RFPL所見   NT 解凍後生細胞率   
追加情報   
CLOSE