JCRB0078 P-815

細胞情報

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB0078 細胞名   P-815
生物種(日本語)   マウス 組織名(日本語)   血球・リンパ系
コメント(日本語)   肥満細胞腫, (DBA/2 mouse) プロフィール   mastocytoma, (DBA/2 mouse)
別名    動物名   mouse
系統名   DBA/2 学名・属名   Mus
種名   musclus 性別   
年齢・月齢    細胞識別情報   
(癌)原発組織名   hemo-lymphocytic 病歴情報   
転移の有無(Y/N)    (癌)転移組織名   
遺伝的性質   mastocytoma 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   lymphocyte-like
一般性状   target cell for cytotoxic T cell assay 細胞分類   tumor
細胞樹立者名   Dunn-Potter 細胞寄託者   Hasegawa,H.
分譲時制限   free コメント   
入手年    培養培地   RPMI1640 medium with 10% fetal calf serum.
継代方法   Simple dilution. 継代時細胞数   split ratio=1/10
人種    炭酸ガス濃度   5 %
採取組織名   tumor ウィルス検査   
検出ウィルス    組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_2154
Reference
Pubmed id:4616699 Lymphosarcoma cell growth is selectively inhibited by B lymphocyte mitogens: LPS, dextran sulfate and PPD.
Ralph P,Nakoinz I,Raschke WC
Biochem Biophys Res Commun. 1974 Dec 23;61(4):1268-75
Pubmed id:4208429 Lipopolysaccharides inhibit lymphosarcoma cells of bone marrow orgin.
Ralph P,Nakoinz I
Nature. 1974 May 3;249(452):49-51
Pubmed id:4123976 Studies on the mechanism of lymphocyte-mediated cytolysis. IV. Specificity of the histamine receptor on effector T cells.
Plaut M,Lichtenstein LM,Gillespie E,Henney CS
J Immunol. 1973 Aug;111(2):389-94

Images



LOT Information

細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   062596 培養種別   distribution
培地    培養温度   
継代時細胞数(濃度)    継代方法   
増殖速度    凍結時生細胞濃度   
凍結直後生細胞率    使用抗生物質   
継代数    PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   + 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
Images
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   032696 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 medium with 10% fetal calf serum 培養温度   
継代時細胞数(濃度)   Split ratio=1:10 継代方法   Simple dilution
増殖速度    凍結時生細胞濃度   
凍結直後生細胞率    使用抗生物質   
継代数    PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出    細菌汚染検出   
真菌汚染検出    アイソザイム検査・動物名   
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地   Culture medium with 5% DMSO. 炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
Images
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   052092 培養種別   distribution
培地   RPMI-1640(lot#042992) + FBS 10% (lot#.J.R.Sci., DO10400) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   5-10x10^5 継代方法   dilution
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   2.02x10^6
凍結直後生細胞率   80.2 使用抗生物質   free
継代数   P4* PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   
接着性   No 導入外部遺伝子   NT
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   052791 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 + FCS 10% 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   dilution 1/10 継代方法   Dilution.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   4.5x10^6
凍結直後生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   P6* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   NT 細菌汚染検出   NT
真菌汚染検出   NT アイソザイム検査・動物名   NP,LD
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   060388 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 + FCS 10% 培養温度   37
継代時細胞数(濃度)   dilution 1/10 継代方法   Dilution.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   2.0X10^6
凍結直後生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   p4* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   061086 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 + FCS 10% 培養温度   37
継代時細胞数(濃度)   dilution 1/10 継代方法   Dilution.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   1.3x10^6
凍結直後生細胞率   76% 使用抗生物質   free
継代数   P4* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   AST,G6PD,LD,MD,MPI,NP,PEPB
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB0078 細胞名   P-815
培養ロット番号   11192013 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 medium with 10% fetal bovine serum (GIBCO cat. # 10091). 培養温度   37C
継代時細胞数(濃度)   1.7 - 3.5 x 10^5 cells/mL 継代方法   Simple dilution.
増殖速度    凍結時生細胞濃度   7.2 x 10^6 (cells/1
凍結直後生細胞率    使用抗生物質   free
継代数   Unknown (14 at bank) PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   G6PD,NP,LDH were examined. Mouse confirmed.
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   5%
RFPL所見    追加情報   
CLOSE