JCRB0091 P31/FUJ

細胞情報

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB0091 細胞名   P31/FUJ
生物種(日本語)   ヒト 組織名(日本語)   血球・リンパ系
コメント(日本語)   白血病, 急性単球性 プロフィール   leukemia, acute monocytic
別名   Fujioka 動物名   human
系統名    学名・属名   Homo
種名   sapiens 性別   
年齢・月齢    細胞識別情報   available
(癌)原発組織名   hemo-lymphocytic 病歴情報   acute monocytic leukemia
転移の有無(Y/N)    (癌)転移組織名   
遺伝的性質   monocyte, 47:XY, Dt=80hr 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   lymphocyte-like
一般性状   Pox+,PAS+,AcPase+,al-pase+,NACE+,aNBE+,NaF+,Pago- 細胞分類   tumor
細胞樹立者名   Hirose,M. 細胞寄託者   Minato,K.
分譲時制限   No commercial purpose. Permission required. コメント   Lot of FCS affects critically to growth of the cells.
入手年   1986 培養培地   RPMI1640 medium with 10% fetal calf serum.
継代方法   Dilution 1/5 every 3-4 days. 継代時細胞数   split ratio=1/5
人種   Japanese 炭酸ガス濃度   5 %
採取組織名   peripheral blood 組織型   

ウイルスDNA・RNA検出検査 (Detection of virus genome fragment by Real-time PCR)
ウイルスDNA
検出検査
tested ウイルスRNA
検出検査
not tested
CMV - parvoB19 - -/negative.
+/positive.
nt/not tested.
(positive (+) does not immediately mean the production of infectious viral particles.)
EBV - HBV -
HHV6 - HTLV-1 -
HHV7 - HTLV-2 -
BKV - HIV-1 -
JCV - HIV-2 -
ADV - HPV18 -
Notes

Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_1632
COSMIC CELL LINE COSMIC(Catalogue Of Somatic Mutations In Cancer)は、ヒトのがんで検出された体細胞変異のオンラインデータベースです。 特にCell Lines Projectでは、1000以上の細胞株の変異プロファイルが登録されています。 JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 909253
Reference
Pubmed id:6962783A novel monocytoid cultured cell line, P31/Fujioka, derived from acute monoblastic leukemia.
Hirose M,Minato K,Tobinai K,Shimoyama M,Watanabe S,Abe T
Gan. 1982 Oct;73(5):735-41

Images



LOT Information

細胞番号   JCRB0091 細胞名   P31/FUJ
培養ロット番号   101388 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 + FCS 10% 培養温度   37
継代時細胞数(濃度)   dilution 1/5 継代方法   Dilution 1/5 every 3-4 days.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   2.0x10^6
凍結時生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   P13* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    解凍後生細胞率   
追加情報   
細胞番号   JCRB0091 細胞名   P31/FUJ
培養ロット番号   101186 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 + FCS 10% 培養温度   37
継代時細胞数(濃度)   dilution 1/5 継代方法   Dilution 1/5 every 3-4 days.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   9x10^5
凍結時生細胞率   79% 使用抗生物質   free
継代数   P8* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   AST,G6PD,LD,MD,MPI,NP,PEPB
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   D5S818:11
D13S317:9,12,13
D7S820:10
D16S539:9,10
VWA:19,21
TH01:9
AM:XY
TPOX:7,11
CSF1PO:13,14
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    解凍後生細胞率   
追加情報   
Images
細胞番号   JCRB0091 細胞名   
培養ロット番号   032497 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 medium with 10% fetal calf serum (FCS lot; BioWhittaker 6M0121) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   1.5 x 10^5 cells/ml 継代方法   Dilution
増殖速度    凍結時生細胞濃度   5.2 x 10^6
凍結時生細胞率   96.0 使用抗生物質   free
継代数   P5* PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   confirmed as human by NP, G6PD (type B), MD.
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性   No 導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    解凍後生細胞率   
追加情報   
細胞番号   JCRB0091 細胞名   P31/FUJ
培養ロット番号   03012019 培養種別   distribution
培地   RPMI 1640 medium with 10% fetal bovine serum (FBS; Sigma Cat. # 172012) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   approx. 2 x 10^5 cells/mL 継代方法   Simple dilution (suspension culture). The size of cells is small, therefore the centrifugation at 1200 rpm for 5 min will be suitable.
増殖速度    凍結時生細胞濃度   1.1 x 10^6
凍結時生細胞率   83.5 使用抗生物質   free
継代数   Unknown (4 at bank) PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性   No 導入外部遺伝子   
凍結培地   10% DMSO, 20% FBS - RPMI 1640 炭酸ガス濃度   5%
RFPL所見    解凍後生細胞率   71.3
追加情報   
CLOSE