JCRB9065 G-401

細胞情報

Important Notice(s)

The origin of G-401.

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB9065 細胞名   G-401
生物種(日本語)   ヒト 組織名(日本語)   腎臓
コメント(日本語)   ラブドイド腫瘍(樹立時にはウィルムズ腫瘍と分類) プロフィール   Rhabdoid tumor of kidney (formerly classified as Wilms' tumor)
別名    動物名   human
系統名    学名・属名   Homo
種名   sapiens 性別   
年齢・月齢    細胞識別情報   available
(癌)原発組織名   kidney 病歴情報   Originally the tumor arose in the patient was classified as Wilms' tumor, but later study on G-401 revealed that the tumor would be rhabdoid tumor of kidney.
転移の有無(Y/N)    (癌)転移組織名   
遺伝的性質    細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   epithelial-like
一般性状   Rhabdoid tumor (formerly described as Wilms' tumor) 細胞分類   tumor
細胞樹立者名   Peebles,P.T. 細胞寄託者   
分譲時制限    コメント   Prepared from CRL1441.
入手年   1987 培養培地   McCoy's 5a + FCS 10%
継代方法   0.02% EDTA and 0.25% trypsin. 継代時細胞数   split ratio=1/2 - 1/6
人種    炭酸ガス濃度   5 %
採取組織名   kidney ウィルス検査   tested
検出ウィルス   GAPDH(+), CMV(-), EBV(-), HHV6(-), HHV7(-), BKV(-), JCV(-), ADV(-), HBV(-), parvoB19(-), HTLV1(-), HTLV2(-), HIV1(-), HIV2(-), HPV18(-)[-/negative, +/positive, nt/not tested, GAPDH = positive control] 組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_0270
COSMIC CELL LINE COSMIC(Catalogue Of Somatic Mutations In Cancer)は、ヒトのがんで検出された体細胞変異のオンラインデータベースです。 特にCell Lines Projectでは、1000以上の細胞株の変異プロファイルが登録されています。 JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 907299
Reference
Pubmed id:8382007 The G401 cell line, utilized for studies of chromosomal changes in Wilms' tumor, is derived from a rhabdoid tumor of the kidney.
Garvin AJ,Re GG,Tarnowski BI,Hazen-Martin DJ,Sens DA
Am J Pathol. 1993 Feb;142(2):375-80

Images
Movies



LOT Information

細胞番号   JCRB9065 細胞名   G-401
培養ロット番号   060195 培養種別   distribution
培地   MaCoy 5A Iwakata and Grace modification with L-glutamine(ICN) and 10% heat inactivated FBS. 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   3.1x10^6 cells/10cm dish 継代方法   Wash cells with PBS(-) twice, treated with 0.25% trypsin and 0.02% EDTA for 3 min. at room temp.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   4.1x10^6
凍結直後生細胞率   95.0 使用抗生物質   free
継代数   P53 PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   
接着性   Yes 導入外部遺伝子   NT
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB9065 細胞名   
培養ロット番号   F00991 培養種別   distribution
培地   McCoy's 5A with 10% FCS (BioWhittaker lot 3M0581) 培養温度   37
継代時細胞数(濃度)   1/2-1/6 継代方法   0.25% trypsin and 0.02% EDTA
増殖速度    凍結時生細胞濃度   3.1 x 10^6
凍結直後生細胞率   82.0 使用抗生物質   free
継代数   P54 PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   confirmed as human by isoenzymology(NP,G6PD,AST)
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
細胞番号   JCRB9065 細胞名   G-401
培養ロット番号   020889 培養種別   distribution
培地   McCoy's 5a + FCS 10% 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   1/2 - 1/6 継代方法   0.02% EDTA and 0.25% trypsin.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   8.0x10^6
凍結直後生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   P53 PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   NT
真菌汚染検出   NT アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード    染色体情報   NT
表面抗原    DNA Profile (STR)   D5S818:13
D13S317:9,14
D7S820:11,14
D16S539:12
VWA:16
TH01:8,10
AM:XY
TPOX:8,11
CSF1PO:11,13
接着性    導入外部遺伝子   
凍結培地    炭酸ガス濃度   
RFPL所見    追加情報   
Images
細胞番号   JCRB9065 細胞名   G-401
培養ロット番号   06272014 培養種別   distribution
培地   McCoy's 5a medium with 10% fetal bovine serum (FBS; GIBCO Cat. # 10091) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   2.9 - 3.4 x 10^4 cells/mL 継代方法   Cells were harvested after treatment with 0.25% trypsin and 0.02% EDTA.
増殖速度   D.T. = approx. 42 hrs 凍結時生細胞濃度   5.0 x 10^6
凍結直後生細胞率   93.2 使用抗生物質   free
継代数   P54 PDL数(プライマリ)   
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   Confirmed as human by NP, G6PD (type B), MD.
染色体モード    染色体情報   
表面抗原    DNA Profile (STR)   D5S818:13
D13S317:9,14
D7S820:11,14
D16S539:12
VWA:16
TH01:8,9.3
AM:X,Y
TPOX:8,11
CSF1PO:11,13
接着性   Yes 導入外部遺伝子   
凍結培地   10% DMSO, 20% FBS - McCoy's 5a 炭酸ガス濃度   5%
RFPL所見    追加情報   
CLOSE