JCRB1308 NCC-OvC-K119

細胞情報

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB1308 細胞名   NCC-OvC-K119
生物種(日本語)   ヒト 組織名(日本語)   卵巣
コメント(日本語)   卵巣がん(増殖はきわめて遅い。培養難易度高) プロフィール   Huaman ovarian carcinoma cell line.
別名    動物名   human
系統名    学名・属名   Homo
種名   sapiens 性別   F
年齢・月齢   52 細胞識別情報   available
(癌)原発組織名   ovary 病歴情報   Primary ovarian carcinoma
転移の有無(Y/N)    (癌)転移組織名   
遺伝的性質   Ovarian carcinoma 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   lymphoblast-like in clusters
一般性状    細胞分類   tumor
細胞樹立者名   Inomata, M. 細胞寄託者   Inomata, M.
分譲時制限    コメント   
入手年   2006 培養培地   RPMI1640 medium with 10% fetal bovine serum
継代方法   Simple dilution. split ratio=1/9. Subculture every 1 week. 継代時細胞数   1 x 10^6 cells / mL
人種   Japanese 炭酸ガス濃度   5%
採取組織名   Ovary ウィルス検査   tested
検出ウィルス   GAPDH(+), CMV(-), EBV(-), HHV6(-), HHV7(-), BKV(-), JCV(-), ADV(-), HBV(-), parvoB19(-), HTLV1(-), HTLV2(-), HIV1(-), HIV2(-), HPV18(-)[-/negative, +/positive, nt/not tested, GAPDH = positive control] 組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_3046
Images



LOT Information

細胞番号   JCRB1308 細胞名   NCC-OvC-K119
培養ロット番号   11072008 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 medium with 15% heat inactivated fetal bovine serum(Hyclone GRD0051) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   1.9x10^5 cells/ml 継代方法   Simple dilution 1:9 split per week.
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   NT
凍結時生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   p17* PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   D5S818:9
D13S317:8
D7S820:12,13
D16S539:11
VWA:14
TH01:9
AM:X
TPOX:8,11
CSF1PO:10
接着性   No 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   Cell Banker BLC-1(Nihon Zenyaku Industries) 炭酸ガス濃度   5 %
RFPL所見   NT 解凍後生細胞率   
追加情報   
Images
細胞番号   JCRB1308 細胞名   NCC-OvC-K119
培養ロット番号   01312013 培養種別   distribution
培地   RPMI1640 medium with 15% fetal bovine serum 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   1 - 3 x 10^5 cells / mL 継代方法   Simple dilution. split ratio=1/9. Subculture every 1 week.
増殖速度    凍結時生細胞濃度   8.0 x 10^5 cells / m
凍結時生細胞率   NT 使用抗生物質   free
継代数   p21* PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   
接着性   No 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   10% DMSO, 20% FBS, RPMI1640 炭酸ガス濃度   5%
RFPL所見    解凍後生細胞率   
追加情報   
CLOSE