JCRB1357 1-1src

細胞情報

Important Notice(s)

Balb/c 3T3 A31-1に派生する細胞株の由来の問題について

The problem of origin of Balb/c 3T3 A31-1 derived cell lines.

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB1357 細胞名   1-1src
生物種(日本語)   マウス 組織名(日本語)   胎仔
コメント(日本語)   線維芽細胞, Balb/3T3 A31-1-1のサブクローン, src形質転換細胞。(細胞の由来に問題点があります。細胞詳細画面のImportant Noticeをご参照ください。) プロフィール   The src-transformed BALB/c 3T3 A31-1-1 variant cell lines were strongly tumorinenic and metastatic.(Strain problem was found. Refer Important Notice at cell detail page.)
別名    動物名   mouse
系統名   Swiss 学名・属名   Mus
種名   musclus 性別   
年齢・月齢   embryo 細胞識別情報   not done
(癌)原発組織名   embryo 病歴情報   normal
転移の有無(Y/N)   Yes (癌)転移組織名   
遺伝的性質   Origin of this cell line, Balb/c 3T3 A31-1, was found not to be derived from BALB 3T3 A31. 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   fibroblast-like
一般性状   Fibroblast, src-transformed subclone of Balb/3T3 A31-1-1. 細胞分類   transformed
細胞樹立者名   Tatsuka, M. 細胞寄託者   Ota, T.
分譲時制限    コメント   
入手年   2008 培養培地   Eagle's minimal essential medium with 10% fetal calf serum
継代方法   0.25% trypsin & 0.02% EDTA. Practically, 1/100 dilution once a week. Avoid to be confluent. 継代時細胞数   --
人種    炭酸ガス濃度   5%
採取組織名   embryo, whole ウィルス検査   
検出ウィルス    組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_8654
Images



LOT Information

細胞番号   JCRB1357 細胞名   1-1src
培養ロット番号   07262010 培養種別   distribution
培地   MEM(GIBCO) with 10% heat inactivated fetal bovine serum(SIGMA027K03911) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   0.79-1.6x10^5 cells/sq.cm 継代方法   split 1/100
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   2.4x10^6
凍結時生細胞率   95.1 使用抗生物質   free
継代数   p4* PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   
接着性   Yes 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   Cell Banker BLC-1(Nihon Zenyaku Industries) 炭酸ガス濃度   5 %
RFPL所見   NT 解凍後生細胞率   
追加情報   
Images
CLOSE