JCRB1470 SUm/c

細胞情報

Important Notice(s)

本細胞株の民間企業への分譲について

On the MTA of this cell line with Kyoto University (for profit organizations in Japan)

本細胞株の使用について

Announcement of unavailability of this cell line to overseas researcher outside of Japan

細胞種類:一般細胞 (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB1470 細胞名   SUm/c
生物種(日本語)   ヒト 組織名(日本語)   リンパ節
コメント(日本語)   食道扁平上皮癌患者の胸管リンパ液より樹立された細胞株 (民間企業利用者は、分譲依頼前に細胞樹立者とMTAを手交する必要があります。) プロフィール   SUm/c was established from floating in the lymph of the thoracic duct of patients with esophageal squamous cell carcinoma.
別名    動物名   human
系統名    学名・属名   Homo
種名   sapiens 性別   
年齢・月齢    細胞識別情報   available
(癌)原発組織名   esophagus 病歴情報   
転移の有無(Y/N)   Y (癌)転移組織名   lymph node
遺伝的性質    細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   epithelial-like
一般性状    細胞分類   tumor
細胞樹立者名   Shimada, Y. 細胞寄託者   Shimada, Y.
分譲時制限   Company users require MTA from the originator. See important notice. コメント   Distribution restricted to Japan (domestic use only).
入手年   2011 培養培地   Ham's F12 medium + RPMI1640 medium (1 to 1 mix) with 5% fetal calf serum.
継代方法   Cells harvested after treatment with trypsin and EDTA. 継代時細胞数   split ratio = 1/5
人種    炭酸ガス濃度   5%
採取組織名   xenograft ウィルス検査   tested                [-/negative, +/positive, nt/not tested, GAPDH = positive control]
検出ウィルス   GAPDH(+), CMV(-), EBV(-), HHV6(-), HHV7(-), BKV(-), JCV(-), ADV(-), HBV(-), parvoB19(-), HTLV1(-), HTLV2(-), HIV1(-), HIV2(-), HPV18(-) 組織型   
Link
Cellosaurus(ExPASy) Cellosaurus (ExPASy)はneXtProtプロジェクトの一環として、SIB - Swiss Institute of BioinformaticsのCALIPHOグループのAmos Bairoch博士によって開発されました。Cellosaurusは細胞株に関する様々な情報を集約させたデータベースになっています。JCRB細胞バンクに登録されている細胞株については、右のリンクから情報を得ることができます。 CVCL_JH10
Images



LOT Information

細胞番号   JCRB1470 細胞名   SUm/c
培養ロット番号   07132012 培養種別   distribution
培地   RPMI1640(GIBCO) and Ham's F12 medium(SiGMA)(1/1) with 5% heat inactivated fetal bovine serum(SIGMA027K03911) 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   2.0-8.0x10^4 cells/sq.cm 継代方法   Cells were harvested after treatment with 0.25%trypsin(GIBCO) and 0.02% EDTA.(Split ratio=1/2-1/3)
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   1.25x10^6
凍結時生細胞率   92.8 使用抗生物質   
継代数   p23* PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   D5S818:12
D13S317:8
D7S820:10,12
D16S539:9
VWA:18
TH01:6
AM:X,Y
TPOX:11
CSF1PO:13,14
接着性   Yes 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   Cell Banker BLC-1(Nihon Zenyaku Industries) 炭酸ガス濃度   5 %
RFPL所見   NT 解凍後生細胞率   
追加情報   
Images
CLOSE