JCRB1637 iPS-TIG107-3f1

細胞情報

Important Notice(s)

1バイアルを6ウェルプレート1~2wellで解凍して下さい。

細胞種類:ヒトiPS細胞(京大iPS細胞研究所) (細胞分譲手数料はこちら)

細胞番号(JCRB)   JCRB1637 細胞名   iPS-TIG107-3f1
生物種(日本語)   ヒト 組織名(日本語)   皮膚
コメント(日本語)   ヒトiPS細胞, TIG107由来 プロフィール   Human iPS cell line which was generated from adult human skin fibroblast cell line (JCRB0532: TIG-107).
別名    動物名   human
系統名    学名・属名   Homo
種名   sapiens 性別   F
年齢・月齢   81-year-old 細胞識別情報   available
(癌)原発組織名    病歴情報   
転移の有無(Y/N)   No (癌)転移組織名   
遺伝的性質   Transgene: Human OCT3/4, SOX2, and KLF4 (in pMXs retroviral vectors) 細胞寿命   infinite
クライシスPDL    形態   human ES-like
一般性状    細胞分類   transformed
細胞樹立者名   Yamanaka, S. 細胞寄託者   Yamanaka, S.
分譲時制限   1) Academic research purpose only. 2) Conclude a MTA with Kyoto Univ.. コメント   
入手年   2009 培養培地   Primate ES cells medium (ReproCELL) supplemented 4 ng/mL bFGF.
継代方法   Cells are treated with the solution consiseted by 0.25% Trypsin, 0.1 mg/mL collagenase IV, 1mM CaCl2, and 20% KSR. 継代時細胞数   
人種    炭酸ガス濃度   5%
採取組織名   skin ウィルス検査   tested                [-/negative, +/positive, nt/not tested, GAPDH = positive control]
検出ウィルス   GAPDH(+), CMV(-), EBV(-), HHV6(-), HHV7(-), BKV(-), JCV(-), ADV(-), HBV(-), parvoB19(-), HTLV1(-), HTLV2(-), HIV1(-), HIV2(-), HPV18(-) 組織型   
Images
No image
PDF
   PDF File1   PDF File2   PDF File3   PDF File4



LOT Information

細胞番号   JCRB1637 細胞名   iPS-TIG107-3f1
培養ロット番号   03222016 培養種別   distribution
培地   Culture medium for human iPS cells (attachmentA:PDF1) ,FGF-2 4ng/ml 培養温度   37 C
継代時細胞数(濃度)   NT 継代方法   Mechanical Passage/0.1%Dispase(Dispase II neutral protease,grade II,Roche 04942078001).(Split ratio=1/1-1/12)
増殖速度   NT 凍結時生細胞濃度   1.9x10^5 cells/vial
凍結時生細胞率   55.1 使用抗生物質   NT
継代数   p8+4+3 (p8+7) PDL数(プライマリ)   NT
マイコプラズマ検出   - 細菌汚染検出   -
真菌汚染検出   - アイソザイム検査・動物名   NT
染色体モード   NT 染色体情報   NT
表面抗原   NT DNA Profile (STR)   D5S818:11,12
D13S317:11,12
D7S820:8,10
D16S539:13
VWA:14,18
TH01:6,9
AM:X
TPOX:8,9
CSF1PO:11,13
接着性   Yes 導入外部遺伝子   NT
凍結培地   10% DMSO,4ng/ml FGF-2,10uM ROCK inhibitor in Culture medium for human iPS cells(attachmentB:PDF2) 炭酸ガス濃度   5 %
RFPL所見    解凍後生細胞率   NT
追加情報   1バイアルを6ウェルプレート1~2wellで解凍して下さい。 フィーダー細胞がSNLでもCF-1でも培養がやや難しいです。 Dispase処理ではコローニーのエッジに変化がほとんど見られませんでした。 Dispaseを添加して37℃CO2インキュベーターに5~7分間入れ、 そのままスクレープをして細胞を剥がし、数回ピペッティングをして 少し小さ目に砕いて継代をしていました。 大き目で播種するとEBになりやすいです。
Images
No image
PDF
   PDF File1   PDF File2
CLOSE